こだわりを持つ

    一般企業同士のやり取りで利用される名刺は、従来のカード形式の物が多く流通しています。白のカードに黒い文字が一般...

    Readmore

    製作をする

    名刺はカード印刷会社に依頼をし、製作する事がほとんどです。自社で製作が可能である企業以外は、全て外注で製作して...

    Readmore

    儀式に必要なツール

    名刺はビジネスを行う上で必要不可欠なツールとなっています。初回の取引や顔合わせをする際には、名刺を交換するとい...

    Readmore

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ビジネスの必需品

辞儀をしながら名刺交換

■取引の際に必要な物
ビジネスの上で必要不可欠であるのが名刺と呼ばれるカードの存在です。
名刺は一枚で自分がいる企業の事、そして自分自身の紹介を行う事が可能です。
新しい取引先の担当者と交換をしたり、営業の度に渡したりなど至る所で名刺は利用します。
普段はカードケースなどに何枚か入れて持ち歩いている方が多いです。
そして、用意している枚数もその人に役割によって異なります。
百枚ほど用意できれば、足りなくて困るという事はありません。しかし役職が営業で外回りが多いとなると、百枚程度では到底たりません。
数百枚程度手元にあり、そして持ち歩いてもストックが十分にある状態を保つ事ができれば、何も心配はありません。

■どう用意をするのか
名刺は基本的に会社が用意してくれる事が多いです。
しかし個人で起業し会社を経営している方であれば、自分自身で用意をしなければなりません。
従業員を雇っているのであれば、従業員の分も用意する必要があります。
自身の会社が印刷業者であれば話は別ですが、大抵の場合名刺は印刷業者に依頼をし、製作してもらいます。
カード印刷のプランを利用して量産をします。

■デザインにこだわる事が可能
今の名刺はデザインが凝っている物も多数存在します。
白いカードサイズの紙に、ただ黒い明朝体で文字が書かれているだけではありません。
その会社に合った名刺をカード印刷で作り出す事が出来るのです。
カード用紙も色々な特殊用紙から選択でき、使用するフォントも自分で好きな物にできます。
もちろん行なっている事業にそっている名刺にしなければなりません。あまりにも事業と関連がないデザインの物であると、取引相手に良い印象を与える事は不可能です。
しかし、名刺はその企業の顔とも言われています。デザインによってどう印象を与えるかも大分変わってきます。
基本的には印刷業者に製作を依頼する際は、自らがデザインした物で印刷が行われます。
ですが、誰でもデザインが出来るという訳ではありません。印刷業者によってはデザインと印刷の双方を担ってくれる所があります。
カード印刷の方法もカード加工方法も多々ありますので、デザインと組み合わせてみるといいでしょう。

オススメリンク

名刺入れ

こだわりを持つ

一般企業同士のやり取りで利用される名刺は、従来のカード形式の物が多く流通しています。
白のカードに黒い文字が一般的なデザインです。
しかし、それだけではなくそこに自社の企業マークやロゴを印刷したりなど、工夫を施している場合が多いです。
名刺交換はサラリーマンの嗜みであり…Read more

関連リンク